2013年10月17日

未来の働き方の勘所。

IMG_5415.JPG
(平井康文代表執行役員社長と)

リクルート発行Works誌のトップインタビュー『進化する人と組織』取材で、シスコシステムズの平井康文社長にインタビューをしました。

シスコシステムズは最先端のテクノロジーや製品を開発し、世界的ブランドでは13位の企業。
日本経営品質賞など数々の顕彰を受けてきた会社のひとつです。

平井社長自身が「日本企業の先進事例をつくる」、「会社を通じて日本を変える」と、特にワークスタイルの革新に力を注いでいます。

私も今そんな想いで仕事しているため、共感するところ大です。

職場環境を変えるシステムの提供がこの会社のビジネスのひとつでもありますが、下記のアドレスから、シスコシステムズの大阪オフィスの一端をご覧いただけます(視察も殺到しているとのこと)。

http://www.youtube.com/watch?v=tDbMx3NI_VY
(youtube シスコが提唱するワークスタイルの変革を具現化 )

こういう環境があるからこそ、昨日の台風(26号)でも社員は自宅勤務。

東日本大震災も2週間、会社の費用負担で「どこでも働いていいよ」ということで、それぞれ九州で、香港で、と通常業務を遂行したということでした。

恐らく、30年後には日本の多くの会社もそんなワークスタイルが一般的になる時代が到来するかもしれません。

しかし、平井社長はテクノロジーと対話のバランスが必要だと、ワークスタイルの変革に取り組む留意点を、自身のマネジメントの哲学や工夫を実例を交えて解説してくれました。

未来の働き方の勘所をWorks誌121号(12月10日発売)の『進化する人と組織』の編集長インタビューでお伝えしたいと思います。

是非、ご覧下さい!!!
posted by 長島一由 at 19:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

Works120号(10月号)、今日発売!!!

Works120_hyo1.jpg
(隔月刊 Works誌120号・10月10日発売号)

Works誌120号(10月号)が本日、発行されました(最下掲載のリンク先から無料でご覧いただけます)。

企業や組織を思いっきり変革したいという経営者や人事担当者の皆様、必見です(^O^)

今回のWorks誌は、第一特集では尖った若者(若い才能)にいかに出会うか、第二特集では若者を含めて、異能人材はどこに、そしてなぜ集まるのか。

五大陸で教育革命に取り組む税所篤快氏、多面的に活躍するスーパー高校生IT高校生、世界の若者をつなげる活動をしているCiRCUS(成瀬勇輝、大村貴康、青木優、金田隼人各氏)など、鋭い感性と並はずれた実行力を持った若者たちに第一特集ではフォーカスしました。

また、異能人材集積地として、徳島県・神山町、神奈川県・鎌倉市を取り上げ、地域革新の根幹をなすものを探りました。

1393335_536072696486657_1018426408_n[1].jpg
編集後記には、尖った若者のひとりとして、ウインドサーフィン伊東大輝選手のことも記載しました(笑)

特集の総括や企業トップインタビューも私の担当です。

なお、兼務の主幹研究員として担当している北欧取材の特集は、12月10日発行号になります。

また、今回の第一特集は尖った若者にいかに出会うかという内容ですが、誌面には掲載しきれない情報は以下のWorks誌サイトに掲載しています。
http://www.works-i.com/wp/w120_wakamono/

http://www.works-i.com/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1156&item_no=1&page_id=17&block_id=302

posted by 長島一由 at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする