2013年12月10日

Works誌121号北欧流「時間価値」の創造、今日発売!!!

works121-hyo1.jpg
(隔月刊 Works誌121号・12月10日発売号)

Works誌121号(12月号)が本日、発行されました。
http://www.works-i.com/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1169&item_no=1&page_id=17&block_id=302
(このリンク先から無料でダウンロードし、閲覧することができます)。

今回の第一特集、北欧流「時間価値」の創造では、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーの4か国で、企業、公的機関、大学など延べ50人以上を対象にヒアリング調査を行い、全30ページの特集記事にまとめました。

また、本誌に掲載しきれなかった取材部分をワークス誌のサイト特集コーナーに掲載しております。
http://www.works-i.com/wp/w121_hokuou/
(Works121 Web Special Virsion)

こちらもあわせてご覧いただければ幸いです。

日本社会と北欧社会、日本企業と北欧企業の比較を通して、行政と企業が参考にすべきところ、企業と個人が改革すべきところを抽出し、提言にまとめております。

今回は、3年かけて執筆している博士論文と、Works誌の第一特集記事の締切のタイミングが一部オーバーラップしたために、ブログもフェイスブックも全く更新できないほど時間に追われましたが、手間と時間を相当かけて書いた記事なので、是非ご覧ください。

また、ご覧いただいた方は、下記のアンケートにもご協力いただけますよう重ねてお願いいたします。
http://www.works-i.com/works/question/
posted by 長島一由 at 13:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする