2014年08月30日

再挑戦で、世界最高齢で記録樹立へ。

IMG_7309.JPG
(富永俊夫さん 71歳 逗子海岸で)

広島市在住の富永俊夫さんは、自宅の50メートル先が先日の豪雨で崩落したそうですが、8連覇を目指し、逗子から江の島までの遠泳を競う恒例の湘南ウォータースイミング大会に出場しています。

富永さんは世界最高齢でのドーバー海峡横断の挑戦者で、7月の再チャレンジ(昨年はあと3キロで惜しくも断念)は悪天候のため、海に出ることすら叶いませんでした。

しかし、今朝会ったら「来年もまたやる!」と言って目を輝かせ、安堵するとともに刺激をいただきました。

富永さんによれば、遠泳はシニアになっても5歳刻みで競技のクラスが分けられていることから、世界選手権でも60歳以上の選手だけで1000人も出場するということです。

ウインドサーフィンも草創期に始めた人はシニア世代に突入しています。40歳以上のマスターズクラスのみで、歳を重ねてくると若手には勝てなくなるため大会には出場しなくなってしまう人がほとんどです。

水泳のように老若男女、層を厚くしていくためにも、第1戦を9月21日に予定しているテクノ293世界選手権選抜ジャパンカップでは、40歳以上のマスターズに加えて、50歳以上のシニアクラスを設定しました。

エントリー締切まであと10日ほどありますので、我は!と思うシニアセイラーの方は是非出場して、12月のインドネシアの世界選手権をはじめ世界大会に挑戦してください。

http://www.jw-a.org/schedule/2014/0921_japancup.pdf
(テクノ293ジャパンカップ 世界選手権選抜 エントリーフォーム)

世界最高齢で記録を樹立!!!

富永さんのようにいつの日か自分もそうしたいと思いますし、日本人セイラーからそういうシニア選手が輩出されることを期待しています。


IMG_7312.JPG
posted by 長島一由 at 10:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

トップインタビュー、カルビーの松本晃会長。

Works誌126号、連載『進化する人と組織』の取材でカルビーの松本晃会長兼CEOにお話を伺いました。

DSC_0094.jpg
(松本晃会長と、カルビー本社で)

カルビーといえば、“やめられない、とまらない”がキャッチコピーのかっぱえびせんを真っ先に思い浮かべますが、最近はシリアル、フルーツグラノーラ(フルグラ)が商品別の売り上げで3位につけるなどえびせんを上回る主力商品になり、営業利益率の続伸に大きく貢献しています。

フルグラに注力したのは09年にジョンソン・エンド・ジョンソンからカルビーに入社した、松本晃会長。


取材の発端は、カルビーが地域の事業本部を競わせて成果を収めている_、と聞きつけたこと。

実際にコンビニの陳列棚を見れば、確かに商品の充実ぶりに目を見張ります。

松本会長に聞けば、分権化は権限移譲の一環。競わせることが目的ではなく、結果として事業本部間で切磋琢磨するようになったといいます。

お客さんが長蛇の列を成す大阪の「グランカルビ―」は、地元ではなく九州支店が企画したというのがその象徴です。

売上げ目標を定めて契約したら、達成手段は全て現場に任せる。創業家に指名された再建のプロは、数字でグリップしつつ現場には自由にやらせる技巧で、「とまらない」快進撃を続けています。

インタビューの詳しい内容は、Works誌126号(10月10日発売)で是非ご覧ください。

posted by 長島一由 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

Works誌125号『人事とIT』、AI(人工知能)革命時代の人材マネジメントを考える。

w_125_0.jpg
(8月10日発売 リクルートホールディングス リクルートワークス研究所発行 Works誌125号)

2045年には、AI(人工知能)が人の能力を追い越すシンギュラリティ(技術特異点)に到達するといわれていますが、ひとをマネジメントする上でAIの強みと弱みは何か。

「AI革命時代の人材マネジメントを考える」というタイトルで編集長まとめを執筆しました。

http://www.works-i.com/publication/
(8月10日以降こちらで無料ダウンロードして読むことができます)

なお、連載の「キャリアクルージング」のコーナーでは、フジテレビの同期だった映画『テルマエ・ロマエ』の武内英樹監督を取り上げています。

ぜひ、ご覧ください!!!
posted by 長島一由 at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする