2014年12月03日

親子で12月の世界選手権に出場します。

この秋はウインドサーフィンテクノ293ジャパンカップ(世界選手権出場選抜)の実行委員長を務めましたが、自ら選手としても出場し、長女のかれんと共に選抜大会を突破して、12月15日−20日にインドネシアで開催される世界選手権に出場してきます。

1801163_725239520888158_968609049137076428_o[1].jpg

10704317_697677123650319_6296639805557279925_o[1].jpg
(伊勢湾カップ女子優勝の上智大学河村真央選手と競る長島かれん:写真右)

大会の模様は下記の動画でご笑覧いただければ幸いです。

http://vimeo.com/111942740
(ジャパンカップ第3戦動画)

http://vimeo.com/111942740
(全編GoProカメラ撮影バージョン)

1898189_737186883026755_8306438413674468168_n.jpg
(児童ホームの子どもに英語を指導する早稲田大学4年生 西村志織さん)

また、この大会は児童ホームの子供たちの学習支援など社会活動に取り組むNPO法人KANATANが日本ウインドサーフィン協会と共催し、今回の大会の収益金からNPO法人KANATANに約30万円が寄付されました。この資金の使途は、学連有志の協力を得て、まずは鎌倉児童ホームの家庭教師派遣がスタートしました。

ジャパンカップはまだ緒についたばかりですが、毎年の開催を予定し、1.世界の舞台への登竜門、2.選手層の拡大、3.画期的な動画配信、4.学連学生の就職支援、5.選手による社会貢献の5つをキーに、持続可能なプラットフォームとして機能させていきたいと思います。

最後に、この場をお借りして参加された選手の皆様、ボランティアで運営スタッフに加わった皆様、そして協賛企業の皆様に心から御礼を申し述べます。本当にありがとうございました。

12月RS-One世界選手権・日本代表(17名)
小松大悟・京都大学
岩崎雄太・関東学院大学OB
山本将史・上智大学
高津一晃・慶応大学
牧原博明・上智大学
東賢祐・日本大学
高橋一稀・京都大学
成田俊輔・関東学院大学OB
大西恒尚・京都大学
長島一由・早稲田大学OB
宇都宮徹・青山学院大学OB
石井良平・京都大学
(以上男子12名)

高橋光穂・法政大学
筒井亜優美・法政大学
山辺美希・関東学院大学
小川瑞生・早稲田大学
長島かれん・法政女子高等学校
(以上女子5名)

2015年テクノ世界選手権・日本代表(13名)
伊部敬信・早稲田大学
前田昌樹・関西学院大学
村田拓也・関東学院大学
池田拓海・鎌倉ジュニアウインド
村西佑規・甲南大学
蓼沼隼太・スポーツネットワーク
竹生優一・関東学院大学
小林康孝・関東学院大学OB
池田一志・セブンシーズ/江の島CRC
菊池彪吾・スポーツネットワーク
(以上男子10名)

赤井里菜・関西学院大学
島田有季乃・関東学院大学
安田小佳・関東学院大学
(以上女子3名)

10175045_719642314781212_2212388115395874243_n[1].jpg
(逗子カンティーナ様のご協賛で盛大に表彰パーティーも実施)

協賛(敬称略・アイウエオ順)。アリスト 、伊藤園 、ウインドサーフィンジャパン 、勝山薬局、カンティーナ、逗子ウインドサーフィンスクール、ニールプライド、ビックスポーツ、tanzaq、博多酒家海凰、マニューバライン、三菱鉛筆、フードテーブル。
posted by 長島一由 at 22:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする