2014年12月10日

Works127号、今日発売!!!

w_127_0_0[1].jpg
(12月10日発売 リクルートホールディングス リクルートワークス研究所発行 Works誌127号)
http://www.works-i.com/pdf/w_127.pdf
 こちらのアドレスから無料でダウンロードして読むことができます。


今回のWorks誌127号の第一特集は『部下を育てるジョブアサインの愛と論理』と題して、部下を育成するためにいかに仕事を上手く割り当てるかというジョブアサインに焦点をあてて記事を作成しました。

世には、部下育成のスキルとして、コーチングのノウハウに関する書籍はあまたありますが、ジョブアサインに関するものはほとんど皆無で学術的にもなかなか確立されていないようです。

部下を成長させるための極意としては、戦前の山本五十六海軍大将による「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば人は動かじ」という言葉が本質を突きますが、この言葉の前提として、どのタイミングでどれだけの仕事を割り当てるべきなのか、「育て上手のマネジャー」とされる人々へのインタビューや座談会を通じて、記事をまとめました。

NCM_0341.JPG(五十嵐電機).JPG
(五十嵐電機製作所 五十嵐惠一社長と)

また、経営者に聞く『進化する人と組織』では、国内のイノベーション拠点を100人と小さく維持しながら、グローバルでは5000人の社員をマネジメントする川崎市にある五十嵐電機製作所にトップインタビューを行いました。権限委譲とビジョンの共有で、自動車用モーターでは世界トップシェア分野を持つ企業でもあります。

政近さんの本.jpg
 新刊:政近準子著『チャンスをつかむ男の服の習慣』(中経出版)

最後に、連載コーナーの『人事のファッション機能学』を監修するファッションレスキュー代表取締役社長で、パーソナルスタイリストの政近準子さんが、『チャンスをつかむ男の服の習慣』(中経出版)を出されました。

T(時)、P(場所)、O(場面)に加えて、P(人)、s(社会)も意識して装いましょうという概念を提唱する政近さん。、「勝負をかけるプレゼンテーションではどんな服装がいいか。単純に『攻め=赤』ではない・・・」など、政近さんによる装いのノウハウが詰まった一冊です!!!
posted by 長島一由 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする